着物売るなら

「高く売りたい!」着物売るなら、ココをチェック!

着物を売るなら、少しでも高く値付けしてもらいたいですよね。
売る前にチェックしておきたい3つのポイントを紹介します。

 

3つのチェックポイント

証紙を添付したか

着物を売るなら、証紙がある場合には、忘れずに添付をしましょう。
証紙のある・なしによって、査定額にかなり影響があります。

 

証紙というのは、産地や品質、メーカーなどを証明するもの。

 

証明書のようなものなので、
あるなしによって高額査定が出るかどうかの分かれ目になります。

 

そのため、証紙が手元にある場合には、忘れずに添付しましょう。
着物を高く売るなら、ココが重要ポイントです。

 

状態をチェック

着物を売るなら、状態をきちんとチェックしておきましょう。
カビやシミ・汚れなどはないでしょうか。

 

普段から気をつけていなければいけませんが、
状態によって買取査定額は大きく左右されます。

 

着物を売るなら着用回数が少なく、
状態の良いものであればあるほど良い、ということになります。

 

とくに和服に関しては、シミや色あせ、変色や虫食いなどがあると、
価値がかなり減ってしまいます。

 

普段から取扱には注意しなければなりません。

 

なお、ひとつの目安として、
過去10年以内に製造されたものであるかどうか、という基準があります。

 

とくに、絹素材のものに関しては経年劣化で変色しやすいため、
「過去10年以内」というのが経験的な目安になっているのです。

 

もちろん10年以上前に作られたものでも、状態が良ければ高値がつきます。

 

素材やサイズ、作者のチェック

着物を売るなら、「絹」素材のものが高値がつきます。

 

しかし、それ以外のウールやポリエステルとなると、高値はつきにくいです。
絹であることが重要になります。

 

また、サイズに関しても重要です。

 

靴や洋服なども同様なのですが、
大きすぎたり小さすぎると、買取額は低くなります。

 

買い手が付きにくいので、リサイクル用の生地にしかならない、
ということになってしまうのです。

 

ただし、標準体型の人用のサイズに仕立て直しができるようなら、
全く問題はありません。

 

最後に、作者のチェック。

 

有名作家の作品だったり、老舗呉服屋の着物であれば、
高い値付けをしてもらうことが可能です。

 

人気があり、買い手が付きやすいので、高く売るならとても狙い目です。

 

まとめ

着物を売るなら、劣化してしまう前に査定に出すことが重要です。
そのため、もう着ることのない着物であれば、早めに売るようにしましょう。